カテゴリ:KSR110( 4 )

晩夏の三瓶路をゆく




前回のチビツーリングから1週間空けて今日

天候は雲ひとつ無い快晴の朝
このままボーッと過ごす休日は退屈なわけで

用事も終わり
遠慮がちな、尚且つ勧誘的なメールをJさんにしてみる
f0215227_10472781.jpg

短いながらも「ワシは行くよ、Jさんはどうする?」的な
極めて策略に満ちた内容です(笑)

送信ボタンを押して約20秒後

プップルルルルルルルル!!
けたたましく携帯電話の着信音が鳴る

Jさん

「どこ行く!?ワシも今日空いとるんじゃ!」


このほぼ20秒後に電話があるというのは着信があってそれを読んで
【メールを打ち返しとったら抜け駆けされるで電話じゃっ!】
な最短速度と思われ。(笑)

Jさんも先週は仕事が多忙で全く走れる状態では無かったらしく

今日はひと段落してポッカリ空いて
丁度今、ワシをツーリングに誘うかどうか迷ってたとのことで
 
  見事本日のスケジュールは一致

とりあえず以前から企てていた三瓶行きに決定

今回はワシもトップケース装着 
f0215227_11005.jpg

なのでチビツーリング初の一眼レフを携えて
コンパクトデジタルカメラとミックスでレポートをお届けします。

スタイル的にはKSRにトップケース装着は躊躇してたんですけど
以前のウエット路面ツーリング時に
トップケース装着車のJさんは背中がほとんど濡れていないのに
未装着のワシはビショビショ・・・・(涙)
KSR110の場合リアフェンダーも兼ねることが判明w

荷物も簡単に積めて
フェンダーにもなって
更に背もたれになるという一石三鳥

たまたま友人がバイク乗り換えでケースが不要になったとのことで
物々交換でゲット
ありがたやありがたやです

いつものごとく燃料満タンで
f0215227_11252638.jpg

AM9:30
 出発

三瓶までの行きは
何も考えずに国道9号でマッタリと

チビだと遅いクルマの流れに捕まっても
それも楽しみながら走ります。

しかす!

浜田でいきなりのバイパス洗礼
110ccの車両はバイパス走行不可です

さらば・・・バイパス

まあコレも楽しみながらフニフニ走りましょう(フニフニってなんだよ)
信号待ちで話したり
f0215227_11534555.jpg


さすがにバイパス走るのよりかは時間喰います
市内を抜けて海沿いへ
f0215227_1254060.jpg
やっぱり天気がイイのはイイ!

1時間半走り休憩はサンピコ江津
道の駅で
f0215227_1211257.jpg


今日は爽やかな風もあって
ジャケット着っぱなしでも汗ばむこともなく全てが快適です
f0215227_1231646.jpg


建物の片隅で地元の爺ちゃんらしきオーナーのスクーター
f0215227_1295245.jpg
高齢者マークがフェンダーに貼ってあります

その頃までワシらも走れていたら貼らねばだろうか・・・

ここからは三瓶まで40分ほどの走行

国道から離れ田舎道に入る前にとりあえず給油
これで帰路は燃料の心配無く走れます
f0215227_12232833.jpg

ここまで走行が約121kmで
なんとこれまで最高燃費48,4km/L
これぞ国道法定速度走行!


そして
三瓶山へ駆け上がるのだ
f0215227_1229196.jpg

実った稲穂の香りをくぐり抜けながら
f0215227_135758.jpg




f0215227_1364520.jpg


  三瓶山周遊道路へ
f0215227_138392.jpg


来ちゃったよ   小さいやつで
f0215227_13102511.jpg


晩夏の三瓶もいいもんです

以前、デカいバイクで秋本番な時期に来ましたが
この辺りもススキの穂が静かにゆらゆらと少し寂しげな面持ちでもあったり・・
 
 標高の高いここ
この時期なら暑くも寒もなく光もキラキラしていて楽しめます。

少しお裾分け


とりあえずお昼も過ぎたので 

第二のお目当て

三瓶バーガーを食しに
f0215227_13173674.jpg


僕は以前のツーリングで三瓶バーガーを食べて美味しさを知っていましたが
Jさんは今日が初らしいです
f0215227_1319762.jpg


f0215227_13194663.jpg


やっぱ美味いです

Jさんは
「2時間半かけて食いに来る価値はある!!」とご満悦
Jさんがセット注文だったので負けずにワシも
f0215227_13211944.jpg

かぎりなくバーベキューな味わいなのでビールが合いそうですがw


良いランチでした
f0215227_13231437.jpg


さてここから周遊道路を時計回りに回ってスキー場側で休憩

ワシらのテンション高めなとこを表現してみる
f0215227_13282319.jpg


前回のツーリングで
「温泉もエエよね・・・」って話を思い出し
とりあえずスマホとナビを駆使して温泉検索

あった
 あった

ネットの情報だと入浴料100円

ワシらの好物そうな温泉が  ウヒヒヒ

スキー場から走ること5分

到着

亀の湯
 
まさにバイク乗りにピターリ  漢らしい温泉名じゃあーりませんか
f0215227_1659320.jpg
※撮影用に前に停めてますが駐車場はすぐ隣にあります。

この店構えはシビれる

思いつきで来たのでタオルも何も無く
真向かいのスーパーで160円のタオルを購入

その時に店のオバさんが
「今この時間は沸かしてないから源泉のままの温度よ」

ワシら
「入れない温度ですかね??」

オバさん
「とりあえず手を浸けてみてから考えて入りんさい・笑」

源泉の温度は36~37℃ほどらしいですが

とりあえず脱衣せず二人とも手を浸けてみる
 
  全然大丈夫!むしろ適温(笑)

f0215227_1892841.jpg
ワシらだけで貸切でございます

f0215227_1812481.jpg
あり?値上がりしとる

入浴料はポスト型木箱へ入れるだけ


f0215227_18263122.jpg

f0215227_1819012.jpg
  

いいですねーこの風情・・・

テンション上がります(笑)
f0215227_18242281.jpg

体を流し湯船へ

夏も終わりのこの頃ならまさに適温で
 ほぼ体温(笑)

ツーリングバカの二人のデジカメはもちろん防水なので
貸切の二人なら湯船へ持ち込みます


ど真ん中から源泉が湧いております
f0215227_18284685.jpg

薄茶色に濁ってますが、常に「鉄」の匂いがしてます

ここでJさん 自分のmixiのブログ用にセルフタイマーで自我撮り開始

ワシも負けずにこのお洒落な洗面器を台にしてセルフショット!
f0215227_18374254.jpg

f0215227_93970.jpg
自主規制小画像

セルフ撮影で何度か湯船から出入りしとるうちに
Jさんも取り直しでフラッシュも何度か光ってた記憶が・・・

ワシ
「まさかワシの湯船出入りしとるとこ写ってないよね??」

Jさん
「ん?何枚か写ってたかも」


確認



あ・・・

全裸で自分のカメラをセットしに行くワシが写っとる


   ほんで





「おい!ワシ自身の
  亀の湯が
 写っとるやないかい!!」


メーデーメーデー!
  ソッコー削除せよ


んなもん、モザイク入りででもブログにUPされた日にゃ
人妻が殺到してブログ炎上ですゼ
「ぷっ・・それじゃ無加工でも見えんよ」
と失笑されて終わり

そんなこんなで
貸し切り浴場で大爆笑したり
長湯でものぼせない ぬるい湯船で話し込む


このブログを読んで頂いてる知人数名に
「ホント楽しそうだよね~・・・」と嫉妬にも似た言葉を頂いてますが

そりゃバイク馬鹿のこの2人が
走るだけでも楽しいのに
美味いもん食って愉快な温泉に浸かれてるんだから

楽しくないわけが無い(笑)

というよりか
色々様々なストレスが鼻から吹き出しそうになってる2人が
こうしてキッチリとストレス解消してるワケですよ・・・実は

ええね~ 亀の湯

ここは来年も夏の穴場に決定!
f0215227_22584586.jpg


山に癒され 温泉に心解され

満たされて帰路を辿ることにします。

帰りは国道を外し裏道の県道を繋ぎながらの走行
f0215227_23161718.jpg


f0215227_23134960.jpg


超快適な裏ルートで走りっぱなしの2時間
浜田で国道9号へ出て

そろそろ影も斜めに長くなる時刻
自販機レストラン「日本海」で本日最後の休憩

今日の素敵なツーリングに乾杯!ヤマザキの冷たくて大きいシュークリームでw
f0215227_23234890.jpg


KSRはケツが痛くなると評判なバイクですが
こちらも友人がブツブツ交換してくれた
ゲルザブ
f0215227_23425824.jpg

見た目はアレですが・・・
帰路の走りっぱなしでもほとんど痛くならずに済みました♪
※個人差でケツとの相性があると思います

ここからは それぞれの家まで あと40分
 途中でホーンの音だけで流れ解散 ピッピッ

本日の走行距離 273km



家族にストレス顔を見せたくないなら
 
  ワシらはこうして走るしかないワケで

サーフィンだのスケボーだのクルマだの
色々やってみたけど
どれも身に付かず

16の時から
心のバランスさえ
バイクで取ってるような人種です

1200ccも145馬力も乗ったけど
こんな小さな排気量でも善く遊べます(笑)

パソコンでいえばデフラグのようなもので
時にはアンインストールしそうになるけどw

時間が許せば
またデフラグします。
[PR]
by wadahci | 2011-09-08 23:49 | KSR110 | Comments(4)

うどんレーサーは想う

  本日は空き時間は極少であります。

  Jさんは午前11時まで仕事

  ワシは15時から家の用事・・・

それでも

 丁度お昼を挟んで4時間ばかりは走れる!

315号を飛ばして「うどん」を食べに行くことに決定

とにかく走りたい

走っていればそれで良し

Jさんが空くまでちょいと時間があるので
前回ツーリング前に換装したマフラーに合わせて
キャブレターのジェッティングでもして待ちましょ
f0215227_2129091.jpg
下の黒いのは右が試しに取り寄せたKLX110純正ダクト

このバイク
純正マフラーはネットの評判どおり
「静か過ぎて危ない」
のは確か

4輪で言えばプリウスなんかも歩行者に気づかれるよう電気的に音を付け加えるだとか・・・

でも爆音になるのは絶対NGです

早朝や夜間に気を遣いながら家から出入りするのは有り得ないし

で色々と情報収集してコレに決まり
f0215227_2139166.jpg

メーカー公表値82db
とようやく他メーカーの125クラス純正マフラー並みになりました。
 まあ見た目にテンション上げるっていうのもありますけどw

f0215227_21421323.jpg
横型エンジンだとキャブレターの脱着も簡単でヨロシ

f0215227_21431988.jpg
肝心のメインジェットからピント外れ(汗)

純正で#80と#82を取り寄せてみたけど
とりあえず見当でノーマル#72→#80へしてみる

結果的に激変はしなくとも、こーゆう課程を楽しんでいるってところもあります(笑)

って、そろそろJさんと待ち合わせ時刻
テスト走行無しでぶっっつけ本番走行であります。

KLX110ダクトのせいか
エアの吸入量が多め
高速側でチョイ薄目なフィーリングを感じつつ

バヒューんと1時間ばかり走行

国道9号沿い

ワシらがずっと若い頃からあります。
f0215227_21595676.jpg
なので
店主夫婦の当時おじちゃんおばちゃんも
今はすっかりお爺ちゃんお婆ちゃんです。

ちょうど12時辺り着なので通りがかりな営業マン風な方々で賑わってます

f0215227_228840.jpg
こちらも
一朝一夕では出せない味わいでしょ
ドライブイン同様に年季の入った調理器具から生まれる味です。

美味いうどんっていうと
どうしても四国は讃岐あたりのコシの強いものをイメージしがちですが
こちらのも「うどん」のスタイルの一つかと思います。

カフェレーサー
っていう言葉がありますが
一杯のコーヒーを味わうためだけに走る

今日は
うどんレーサーであります


自由時間も短いので
キック1発!帰路へつきます。

途中
かかし祭りに寄り道
f0215227_22241156.jpg


この時期は何度か通りすがりに流れる景色でしたが
道端ジェシカに小さいバイクをチョイと停めて見物

f0215227_22253074.jpg
戦場カメラマン

f0215227_22261493.jpg


f0215227_22264429.jpg
レディーガガ

計算無しのシュールを感じます。

f0215227_2229358.jpg



ここからR315を外れ
つわぶき街道で津和野経由で帰ります。

 法定速度近辺で一定のパルスを保ちながら走り続けると
このままどこまででも走ってしまいそうな衝動に駆られます

f0215227_22342262.jpg
今日は偶然にも申し合わせたかのようにジェットヘル(笑)

閑散とした平日の道の駅

ここからは30分で帰宅できますが
時間に余裕が出来ました。

温泉にでも入るかあ~
って話も出たけど、次回ロングに出られた時のお楽しみってことで
とんでも無く真面目な話を小一時間

Jさん曰く
「バイクで走るのは楽しいけど
  幸せを感じるのはやっぱり家族と過ごす時間じゃね」

全くもって同感です

例えば
ソロのロングツーリングで自宅からずっとずっと離れて行くと
 時折不意に切なく家族の事を想ってしまう

今、子供は何してるんだろうか・・
楽しく皆と遊んでるかな

かあちゃん
肩こりと闘いながら仕事頑張っているんだろうな・・・


 バイクで遠くに向かって走るのって
一見身勝手な男の楽しみのように見えたりもするかもしれないけれど

 実は時に
淡々と走りながら
家族のありがたみや大切さを
あらためて想う時間でもあったりするわけで

無事に家に着き
玄関のドアを開けて
家族の笑顔に触れる瞬間のために走っているような気もしたり・・・
 

Jさんとワシ

今日はショートツーリングだったけど

お互い知らない頃から30年は走り続けている二人が
全く同じ気持ちで今走っていたことを再認識した夏の日の午後でした。

 
[PR]
by wadahci | 2011-08-25 18:36 | KSR110 | Comments(2)

雨の隙間にチビツー

8月に入った辺りから
またも小さいのでツーリングを企てておりました2名
トマト職人Jさんとワシ

今回はリアサスにTAKEGAWAをインストールしたので
そのパフォーマンスも楽しみだったりで
f0215227_0513494.jpg
手前の赤スプリングのやつ

お盆休みの最終日を設定して


・・・当日

 朝から大雨であります(涙)

それも降ってはあがり
数分おいてまた土砂降り・・・

お互いメールで
「どうするかあ・・・」

とやりとりしつつ

 堪えかねたJさんが雨が上がった隙に我が家へ襲来

どのみち2人共に走りたい度数120%

よし!!行こう!
  で支度中にまた大雨
f0215227_22522064.jpg


さすがに
叩きつけるような大雨の最中に
走り出す気になれず
世間話をしながら様子見

結局、前回より2時間ばかり出発を遅らせて
空から雨粒の落ちなくなった11時過ぎにスタート
f0215227_2314680.jpg


とりあえずレインウエアは着ずに
路面はウエット
水飛沫を上げながらの出発となりました
f0215227_23126100.jpg


全然、嫌じゃないです(笑)

なにしろ走っていれば幸せな2名ですから

そりゃ、橋の継ぎ目の鉄板とか白線とか
ドライと同じ速度やバンク角で走れば見事に滑ります

「んあっ!!」
と叫び声と変な汗が出るくらいに(笑)
それも含めて素敵なツーリングの始まりです


f0215227_2383370.jpg


イイ感じに汚れてきてます
f0215227_23102549.jpg
f0215227_23104430.jpg


お昼前の出発で半日ほどのツーリングなので
近場で昼食を目的に
Jさんオススメでテレビでも紹介されたお店を目指し

中国山脈と県境を越えて広島へ
一番高度がある場所だと気温も22℃ほどと
真夏用メッシュジャケットだと寒い!

途中いきなりドライ路面出現でテンション上がりますが
ほんの数十メートルでした
f0215227_23224926.jpg
小さいタイヤじゃのう

約1時間走行で目的のお店へ

・・・・・


f0215227_23172671.jpg
閉まっとるし(涙)

また次回のお楽しみということで
気持ちを切り替えてすぐ近くのレストランで昼飯にします
f0215227_2358280.jpg



お腹を満たしたら
子供にお土産を物色するJさん
f0215227_23402392.jpg

アニメ ワンピースのキャラをお探しのようでしたが
どうやらお目当てのが無かったようでした。

釣られてワシも子供にお土産(1歳8ヶ月ですが)

こんな時、いつも頭を回ります
「お土産は無事故でイイのよお父さん」
f0215227_23491421.jpg


まだ時間はありますが

ここからの目的地は不明

Jさんが持ちかける
 「そういや、このすぐ近くにイイ滝があるけど行ってみん?」

ずっと若い頃、奥さんとデートで行った場所らしいです

行きましょう♪
   何処へでも

f0215227_003799.jpg

ヒョウヒョウと走るJさん

「・・・すぐ近くに・・・・」

以前
日帰り500km原付ツーリングの最中
寄り道を提案したJさんが

「すぐそこじゃけ行ってみん?」

と言い

1時間ばかり走らされた記憶がある

Jさんの場合、ツーリングに出るとかなりズレた体内時計をお持ちのようで(笑)

まあ今回は15分ほどで着きましたけど

龍頭狭へ

f0215227_094534.jpg


でもけっこう歩きました

f0215227_011890.jpg

ちょっと涼しい場所でしたが
汗ばむくらい歩いて森林浴

f0215227_019534.jpg

水量は少ないですが、なかなか高さがあります

ワシはカメラのスフトケースを川に落とすハプニング
f0215227_0241384.jpg


滝は小さいながらも三本ありました
f0215227_0251757.jpg


しかしまあ
こうしてバイクを降りてちゃんと名所を観るのもツーリングぽくて良いですな

f0215227_0282995.jpg


ここからは
30分ほど走って温井ダムで小休止
f0215227_118596.jpg

f0215227_125246.jpg

f0215227_0335426.jpg


ピンクナンバーの小さいオートバイですが
ちゃんとした装備で乗ってます
f0215227_0383088.jpg

f0215227_1275794.jpg


思いの外ウロウロできたので、そろそろ帰路へ

これまた寄り道ですが
Jさんが以前から気になっていたけど
大型バイクだと億劫になって入れなかったらしい脇道へ
なかなかの眺めの展望台です
f0215227_0463423.jpg


途中、もう1箇所ってことで
以前、Jさんが写メを送って来てくれて
その画像がちょっとした「尾瀬」に見えたことから
ワシが命名した
 「なんちゃって尾瀬」に案内していただくことにしました。

バヒューンと走って
f0215227_047673.jpg

なんちゃて尾瀬に到着

f0215227_135520.jpg
八幡原高原にある霧ヶ谷湿原です

本来の自然な姿はもっと広いまとまった湿原だったらしいですが
人間様が水路を造って乾燥させて牛の放牧場にしてしまったとか。



また、放牧をやめたので
元の姿の広大な湿原の戻す最中だそうです・・・自然のチカラで
f0215227_057156.jpg


自然についてちゃんと
真面目に語ったりもしました(笑)
f0215227_1144779.jpg


標高の高い場所にあるので
実際に来るとなかなかのイイ雰囲気です
f0215227_102724.jpg

天候がイイともっと爽やかかと思います。

はい
今日もウロウロしました(笑)

ここから1時間とちょっと
また走りを楽しみながら帰ります

お目当ての昼飯は食べ損ねましたが
降ってくる雨には一度も見舞われずに走り続けられたのは
幸運だったということで◎

   本日の走行195km
半日でしたが
スリッピーな路面との格闘も含め
存分に楽しめました

お土産も喜んで遊んでくれたので良かったぁ(笑)
f0215227_1104037.jpg

[PR]
by wadahci | 2011-08-18 23:10 | KSR110 | Comments(2)

川棚クスの森へ(ちびっ子編)

なんとまあ・・

約2ヶ月ぶりの 真面目なツーリングであります

前日にトマト職人Jさんより

「収穫も終わったから、小さいヤツでツーリングいかが?」
 とのメール

とりあえず
「当日の朝、オールクリアなら行きます」と返信

こればかりは
どうにも当日にならないと分かりません

このオールクリアってのは家の用事も無く
そして子供も元気で保育園に連れて行けたら  ってことで

 当日、オールクリアで

 たまには父ちゃん一人のバイク乗りに返って
 今日は久しぶりに日常スイッチ全てOFFで楽しませてもらいやす

空は曇天でしたが、レインウエアをキャリアに括り付け
 久しぶりのツーリングに心躍らせながら
f0215227_22472414.jpg
ナビも装備して本気モードです

シートに謎のアイテムが被せてありますが
これはminervaのシートカバーです
※画像の物はサイズMで程好いです

夏場炎天下で駐輪してると乗車したとたん
    「熱っつー!!」ってなりますが、コレを装着してると全然平気になれます。
あと走行中に涼しいトンネルの中とかへ入ると確かに冷気が尻下へ周っていくのが分かるくらいです。
 こんな感じで立体メッシュになってます
f0215227_12204735.jpg

レプリカ系でEXパイプやマフラーがシート下を通ってたりするバイクだと効果絶大じゃないかと思いますが。


今回はバイクも小さいので重たいデジイチは家に置いて
コンパクトデジカメをポケットにネジ込み出発

目的地は以前からどうしても行きたかった場所へ
わがまま言って
ご一緒してもらう事にしました。

 自宅を出て数キロの場所で燃料満タン
f0215227_22284420.jpg

 今日は二人とも同じ車両(カラーリング違いのみ)なので
 これから先の給油タイミングも同じはずです

191号線、海沿いを西へひた走ります
f0215227_22325487.jpg

相変わらずの曇天ですが、この真夏に日射が無いのは非常にありがたい
快適この上ない
f0215227_22333377.jpg


 1時間走ったところで様子見の休憩
f0215227_22372980.jpg
手前の黒がJさん車両

私的に元々ほとんど気を遣わなくても済む相手のJさんですが
今日は車両も同じでどちらもド・ノーマルなので
ペース配分なども全く気を遣わずに走れます

   なんだかスゲー楽しい☆☆☆

ここからは長門方面へ海沿いを離れ山間部へ入りますが
温泉街を通過するだけでも観光気分(笑)
f0215227_22464076.jpg

f0215227_2304636.jpg


ナビで最短ルート検索した為、途中とんでもない山道を走らされたり

  山間の県道でパラパラっと雨に降られたり


長く続くいい感じのクネクネ道を2台で攻めて走ったり・・・

高速道路はおろか
125cc以下は走行不可「バイパス」でさえ走れない車両の2台
ひたすら国道&県道

そこがまた楽しい・・・は2人の一致した意見



久しぶりに こんな感覚のツーリング
 
 初めて原付バイク免許取ってからの友達同士で行くツーリングってこんなだった

そうこうしながら片道3時間

 目的地に到着

川棚クスの森
f0215227_22584772.jpg


画像だと全く伝わりませんが
実際に見るととんでもない巨木 ご神木です

その名に相応しく、一本で「森」を形成してるかの如くです

f0215227_2363280.jpg

樹齢約1000年
f0215227_2311937.jpg

枝振りも神懸かり的で見応えがあります

f0215227_23152082.jpg


 ネットで閲覧して画像で情報は得ても、やはり現地に立って実感することが
  ツーリングの醍醐味ですね・・・つくづくそう思いました。

さて、ここからは帰路を違うルートを走ることに決定

遠回りですが下関側から191号線を海岸伝いに帰ります
 
 131kmを走ったところで2台で同時給油 
f0215227_23321067.jpg

リッター当たりのガソリン消費量は・・・
f0215227_23262171.jpg

いいですな~排気量が小さいってことは

 お昼も過ぎたのでガソリンスタンドすぐそばのドライブインで昼食です
f0215227_23511620.jpg

f0215227_23342589.jpg
自分は玉子丼定食
550円也

国道沿いの年季の入った店って、安定した味ですね
二人して
 「こりゃベテランの味じゃね(笑)」
f0215227_2337175.jpg

ネットやグルメ雑誌で名を上げる有名店もいいですが
僕が幼い頃に父に遠出の途中で連れてきてもらったような
「ドライブイン」も
 すごく好きです

効き過ぎくらいの冷房
壁に貼られたビール広告のポスター
マジックで書かれたメニュー

テーブルや調理場から伝わる使いこまれた匂い
 そんなところでも旅の風情を感じます

さてと

せっかく此方のルートなら「角島」は外せません
 ってことで

f0215227_23414776.jpg


何度来てもイイです ここは
f0215227_2349286.jpg


さらにここから
Jさんのリクエストに応えて千畳敷へ参ります

 走る  

   走る

110cc2台はひた走る

千畳敷へ到着
f0215227_23544962.jpg


ここのロケーションも最高です
 もう何度も来てますけど
f0215227_2356265.jpg


んでもってお約束のソフトクリーム
f0215227_23572824.jpg

 320円也
こちらのは濃厚バニラで甘さ控えめです

いいな のんびりして 草原の風が渡る
f0215227_23593712.jpg
 
 この写真撮ってたら Jさんがボソッと一言

 「大草原の小さなKSRじゃね」


この人はたまにワシを苦笑させる(笑)
 どう返していいかわからんw

まあこのネタが分かるのは40歳前後くらいかなぁ・・・


 ここからは農面農道を介して萩まで

途中一回休憩を入れて
f0215227_01198.jpg


来た道を帰っても面白くないので
山間のワインディングルートへハンドルを向けて

 高回転キープで 

 攻める  

   走る

 また走る!
 

2台で楽しみ放題で帰りました。



バイクが大きかろうが小さかろうが
 やっぱり遠くへ行くのがストレス解消になります。

   本日の総走行距離  309km
[PR]
by wadahci | 2011-07-27 23:06 | KSR110 | Comments(6)