カテゴリ:ツーリング( 10 )

ゴリゴリミニツー

ほんの少し 


 2時間ばかり隙間ができたので

久しぶりに独りお出かけしてみました。

 本当ならモンキーをお持ちのJさんとゴリラでご一緒しようかと連絡してみましたが
  風邪でバイク自粛中ってこどで・・・残念

  ウインターの上下装備で独りボチボチと。

今月11月には解体が始まるとの噂が徘徊している我が母校へ
 その最後の姿・・・遺影を撮りに行ってみます。

自宅から二山越えて 10キロほど
f0215227_1147582.jpg


周りをあちこちウロウロして
 我が母校の遺影を撮っておきます。

「イェ~イ! キャメラ持ってきて~」
   そんな和田アキ子的なノリでは無く・・・切なく悲しい気分です

f0215227_11515618.jpg

なんやかんや言っても、けっこうちょくちょくは来てたんですけどね

 バイクを買い換える度に この母校の前で写真を撮ったり
どうにもやりきれない気分の時にも 気分を落ちつけに来たり・・・

f0215227_11565123.jpg


そんな場所が本当に無くなってしまうのはどうにも悲しいです。
f0215227_1362490.jpg


本日は校庭でお年寄り方々がゲートボール中です
f0215227_120244.jpg


バイクが邪魔になったので退けましたが
その時に一人のお爺さんが
 「お・・・テッちゃんか・・相変わらずバイクかぁ・・・」
たぶん僕が高校生くらいの時にオジサンだった人ですね
 
気のせいかその声のトーンはネガティブな感じもしましたが
 残念ながら僕にとってはその言葉は褒め言葉ですわな

ゲートボールをするくらいの その年齢はまだ、バイク現役でいるつもりですから

f0215227_13212086.jpg

本当ならこのカメラ位置くらいに幼少期を育った実家があったのですが
58年の豪雨災害で流されて 今は跡形もありません・・・

 さよなら 我が母校  その姿も 匂いも 感触も   

    僕は忘れませんから。
f0215227_13121654.jpg



   せっかくここまで来たので
     さらにそこから10キロほど山奥の幼なじみの家を訪ねてみることにしました。

 紅葉も そろそろ終わりですかね・・・
f0215227_1319847.jpg

山越えを何度か繰り返して来てますが
エンジンはとても快調 気分も上々で
f0215227_13245498.jpg

自分で組み上げたエンジンで駆け回るのもまた違った楽しさがあります。
 30年くらいは前の6V電装の車体ですが こんなお散歩には丁度良い

さらに山間に分け入って
f0215227_13281293.jpg

安全に走れるアスファルトの部分はどんどん狭くなってきます(汗)
 端っこは落ち葉で 真ん中は苔で滑ります。

f0215227_13321619.jpg

カサカサと落ち葉を踏みしめ巻き上げ
    晩秋のお散歩ツーリングは いと楽し
f0215227_13354636.jpg


車体は小さいけれど
微妙なアクセルワークとソフトなブレーキタッチを駆使しながら
これぞバイクツーリング的な走行で 幼なじみの家に到着。

アポ無しでしたが 彼は冬タイヤへ交換の作業をしてました
f0215227_1338392.jpg


f0215227_13412535.jpg

想えば小学2年くらいの時から 
 彼んちには遊びに来てますが、 その景色は何ひとつと変わらず
  僕には とてつもない安心感を与えてくれます。
f0215227_13415517.jpg
僕んちもこんな感じだったんだけどな・・・


   
景色にしても幼なじみにしても
 時が経っても変わらないものは どこかしら気持ちを安堵させてくれます。 

ひとしきり談笑して
 日没も迫ってきたことだし ゆっくりしていたい気持ちは振り切って
  来た道とは反対のルートで下山します。

40分も走っていればすっかり夕暮れて
 寒さも感じてきたので 自販機休憩
f0215227_13472067.jpg


 前々からCMで気になって仕方なかったホット炭酸にチャレンジ
f0215227_13491592.jpg

アリかナシかで言えば 個人的には絶対アリですね

   コーヒーがダメな自分はこの冬場のツーリングはコーンスープかコレで迷うことにします。
 いかんせん、いつものクセで開缶前に振ってしまいましたが(プシュッー)

ということで 本日の晩秋ミニツーリングは終了です
f0215227_1441458.jpg


  では股の機械に←バイクのこと
[PR]
by wadahci | 2013-11-25 11:55 | ツーリング | Comments(2)

2台+3人=山頂

たまたま時間の空いた三人が集まって
いつものパワースポットを目指すことにしました。

Jさんと僕は常連(笑)
今日はIさんも時間ありとのことで誘いましたが
彼のバイクはオンロードなので登山道入り口に置いて
そこからは
野郎のラブラブ二人乗り!!

普通に平坦なアスファルトならともかく
傾斜のきつい未舗装の林道をたった200ccのバイクで男二人が密着して登るんですから・・・
考えただけでもオゾマシイ

ワーワー ヒャーヒャー言いながら
大笑いしながら山頂へ到着(3人なのにバイク2台ね)
f0215227_1447354.jpg

それぞれの飯ネターと装備をテーブルに広げて
男達のランチタイム開催
f0215227_1449722.jpg

今日はIさんのバーナーは初お目見え

Iさんは出発前に下ごしらえ済み
f0215227_14522350.jpg

ハムも切っとるし
f0215227_14532973.jpg

美味そう・・・・

僕はいつものようにパスタです
f0215227_14542065.jpg


野郎三人でエンドレストーク全開!
f0215227_14552569.jpg

じゃ~ん!パンにガリーッツクマーガリンを塗って 炭水化物炭水化物
f0215227_1455521.jpg


毎度毎度、山頂での昼飯はお味は最強であります!
まったりした時間の流れに話はつきず・・・
f0215227_14572781.jpg

 今日はそれぞれのバーナー自慢大会も
f0215227_14594030.jpg


シメは野郎に不似合いなフルーテイーな香り漂うミルクテイーで
f0215227_150538.jpg



結局、四方山話に花を咲かせて
山頂滞在4時間!(笑)

帰宅後にもし家族に「そんなに長い時間、何を話した??」
と訊かれても・・・
 内容は空っぽであります
ただただ、それぞれが話したいことを話題にしただけでして・・・

f0215227_1571879.jpg


山頂からの二人乗りでの下りは
さらにエキサイテイング&フェステイバル&カーニバルで
Iさんの股間の膨らみを尾てい骨に感じながら(笑)
大笑いしながら下山しましたとさ。


  今度の登頂ははお正月休みくらいかな
[PR]
by wadahci | 2012-11-27 15:04 | ツーリング | Comments(2)

痛過ぎるバイク乗り

只今、休日が多忙でネタ切れ中ですので
ちょっと前の未公開の衝撃画像で綴っておきます。

いつもの仲良しバイク仲間のJさんと
僅かな空き時間の中、近場で昼飯ってことで
山口の某有名な山の山頂で昼飯ってことで意気込んで出発したんですが・・・
丁度、山頂間際で登山道が工事中・・・ってことで

コース変更を余儀なくされて
フライング気味に紅葉でも観に行くべかってことで
長門峡の裏側へ走りました。

青空は素敵ですが・・・この時は全く紅葉しておらず残念

仕方ないので
観光客の疎らな広い駐車場の片隅に陣を取りまして展開
f0215227_15171673.jpg


コンビニで調達のアルミうどんをバーナーで煮込み
f0215227_15203031.jpg

 そしてそして、最近はイイ世の中になりましたね
 お茶やジュースより雰囲気だけはマシなこのお飲み物で
f0215227_15221467.jpg

          かんぱーい!♪
f0215227_15232423.jpg

愛機の傍らに座り込んで四方山話しを繰り広げながらの昼飯、やっぱり美味い!
f0215227_1523495.jpg

これぞ外食ですな

食後は、その場にひっくり返って
宇宙まで抜けるような青空をデザートに
のんびりします
f0215227_15325098.jpg



と、ここまで画像をしっかり見ながら読んでくださっている方は
 ビミョーにお気づきかとも思いますが・・・

二人の居場所に敷いてあるグランドシート
f0215227_15353175.jpg


キテイちゃん!

     痛い・・・・イタ過ぎる

駐車場で地べたで昼飯食ってるだけでも少々怪しいのに
敷物がコレだと余計にアブない

取り急ぎ、家にあったレジャーセットを適当に摑んで出たので
こんな事になるんです

気の弱い女性ライダーならまず近寄りませんな

 この二人が
竹之内豊と江口洋介でも
ギリギリ あうと

 ましてや40過ぎと50前のオッサンですからね・・・・

広げながら気づいたけど、腹は減っていたので強行でした(笑)
[PR]
by wadahci | 2012-11-20 15:45 | ツーリング | Comments(4)

近場でダバダ

ダバダディーディーダバダディーヤ♪

 いよいよなんだか春めいてきましたね
ってことで
沢田研二風味な浮かれた出だしでスタートの久々更新ですが

この時期はバタバタでストレスも満タン状態で
 空は晴れ渡れども 午前中は家事に勤しみ・・・・

青空に向かってJさん宛てにメールをしてみる

「くそう!エエ天気じゃ」

Jさん
「ちょっと流しますか?」

どうやら空き日とのことで

昼飯時間帯だけバイクで脱走することにしました。

  もう11時は過ぎてますけどね
チャッチャと支度して、今日は異例の組み合わせ
f0215227_8544061.jpg


今日みたいな日にGSF1200で出たら何をしでかすか分からんので・・・
なにしろアイツは自制リミッターを瞬時にOFFにする機能を持ち合わせたバイクでして。

ワシは自主規制にてマッタリバイクSX200Rで
 JさんはKSRを最近動かしてないとのことで。

とりあえず海沿い伝って萩でどうにか昼食の計画で

f0215227_93870.jpg


ほんわか暖かそうに見えますが
気温は6~7℃台程度なので二人とも真冬装備です
f0215227_94546.jpg


萩市内に入りお目当てのラーメン屋「来々亭」に来ましたが
店内満員で更に順番待ちな店頭ということで
 市内からちょい抜けてお好み焼き屋へ

性格上、腹が激減りな状態で飯を食うのに並んで待てない二人なので
いたしかたない。

f0215227_12305460.jpg


初めて入ったお店でして
どうやらメニューを見るとコチラは【関西風】なようで・・・
二人とも地元で食うときはほぼ【広島風】率100%なので
 どうなんじゃろ・・・と思いつつ

f0215227_12165138.jpg

 マヨネーズ的なものはワシがかけてます。

そっか・・・

麺類が入ってないんか   関西風

f0215227_1218890.jpg


二人ともピンとこないまま 完食(笑)
 味は良かったですよ

 飯食ったら真っ直ぐ帰る予定でしたが
せっかくなので季節的なものを感じるべく
Jさんに萩の梅林公園に行こうかと持ちかけると

「あ、それ知らんわ 行ってみようや」

 密かに心でガッツポーズ

   勝った気がする(笑)

なにしろJさんはワシが知らんような道や観光スポットを知りつくしておいでで
ワシが知っててJさんが知らんって滅多無い!

よし
まあワシが案内わな
的な
上から目線であります。w

20分ほど走って
 梅林公園へ

f0215227_12332661.jpg


満開の見ごろまではあと数日って感じですが
f0215227_1244464.jpg


これだけの梅の木の種類、本数がある場所はそうそうないです
f0215227_12375413.jpg


f0215227_12383870.jpg


f0215227_1239546.jpg


f0215227_12402940.jpg

f0215227_12405969.jpg

f0215227_12461459.jpg


 梅わ~咲いたぁかぁ~♪ 桜はまだかいな~

なにやらの小唄ですが 脳内をすさまじく旋回しております

 公園内を歩きながら
若い頃はバイクで走っても花を見に行こうなんて
  ちっとも思わなかったよね・・・・なんつう話をしながら

 そりゃ年をとったってもんですよ


んでもって萩に入るまでに信号待ちで二人共気にかけていた
 笠山の「つばき祭り」の会場へ
f0215227_12474659.jpg

こちらはすっかり見頃を過ぎてパラパラと
f0215227_16272332.jpg


平日で、しかも椿もほとんど見られませんが
 けっこうな観光客

とりあえずバイク野郎2名(ウインター装備のまま)で散歩して
原生林が見渡せる展望台へと
f0215227_1629111.jpg


 一応、近場とは言えツーリングらしい行動で
 帰路は191号線から離脱して
Jさんオススメの超裏道の秘のワインディングへ案内してもらい
リズム良く走って 愉快愉快

 最後の休憩でとめどない雑談を交わして
f0215227_16371161.jpg

 気温が上ったとはいえココでも7℃・・

さらに気温低下の時間帯になりますので
ぼちぼち解散ということで
ここから30分ほどボヤーっと走って終了でした。

 今日みたいなツーリングも非常によろしいです
 速度の出ないバイクで淡々と 

 いつもは目につかない景色に気づいたり
 これはこれで とても良い

本日のツーリング撮影カメラは
古いけどお気に入りな RICOH GX8 であります
今時、1,000万画素にも満たない古臭い面持ちのコンパクトデジタルカメラ

ワシは写真家でもカメラマニアでも無いので細かい事を突っ込まれても答えられませんが
なにやら落ち着いた画風が好みで手放せません
ツーレポには初採用ですが。
ちなみに浜松レポの画像もGX8です 
 
 次回は桜花見ツーリングってタイミングかな・・・ 
[PR]
by wadahci | 2012-03-15 09:04 | ツーリング | Comments(3)

走り納めた

この秋のツーリング以来
一ヶ月以上エンジンに火を入れてないメインバイク

特にキャブ車のバイクは冬場に何もせずに放っておくと
春先にはどこかしら不調になることが多い

バッテリー端子を外して、燃料は満タンにして
 尚かつキャブレター内のガソリンを抜いておけば
とりあえずは無難ですが

それよりかはせめて週一くらいでエンジンに火を入れて
 ご近所でも一回りすれば性能は維持できるというもので

午前中は所用を済ませて
 そろそろお昼前

 空は
冬らしい重い雲 
  気温6℃ 

水分は落ちてきそうもないので
とりあえず海沿いを西へ 
性能維持も兼ねて走り納めをすることにした

この寒空に無理して遠出すれば 
長時間続く寒さに嫌な記憶だけが残りそうなので
 お昼を食べにだけ走ることにします

f0215227_2231393.jpg


気分的には3倍速モードで

いつもの左コーナー ストレート 右コーナーも
今日はタイトなS字コーナーのよう

冬は色彩が少ない
景色も気にせず無心で走ることだけに集中

遠回りしながら1時間ほど濃密な時間をバイク上で過ごす

 笠山にて
f0215227_22202924.jpg



どこか美味い店はなかろうか・・・

今日は思いつきで走りはじめたので昼飯のリサーチ無し

最近、萩市内は長門や下関への経路でいつも素通りで

昔はよく行った菊ヶ浜辺りもここ何年も見てない

ので  行ってみた

海岸沿いを流すと
視界の端っこに「お好み焼き屋」

続けて「カレー屋」さんが飛び込んできた

カレー屋さんの方は 看板に
「カレー大好き」とサブタイトルが

      今日はカレーにしよ

三食カレーライスが三日続いても全然平気な自分
それほどカレーが大好きであります

幼い頃はキレンジャーがマジで羨ましかった

菊ヶ浜沿いのお店
f0215227_22301852.jpg


店名   

オニオン座
やりそう(笑)

f0215227_2231822.jpg


 今年4月にオープンしたばかりだそうで
  

f0215227_22355865.jpg

窓際の席

f0215227_22363064.jpg

シンプルな木造の店内は落ち着く 

メニューTOPの
特製チキンカレーをオーダー
f0215227_22372541.jpg


ああ

美味い  うまい 美味い

ルーだけでもかなりの食感
ライス無しでこれだけでもイケそう

チキンがこれまたボリューミーで食べ応えアリ

国産玉葱をとにかくじっくり炒めることからはじまるこの特製カレーは
研究を重ねてブレンドした11種類の独自スパイスを加えて
仕込みだけで三日間を要するとのこと

お店のご夫婦共々、物腰の柔らかい人当たりの良い感じの方で
雰囲気も味も良いお店です。

昼飯が美味いか否かで
その後のテンションにずいぶん差が出る

ハイテンション

冬場にカレーは暖まりますね

 店の前の穏やかな砂浜で食後の休憩
f0215227_232091.jpg

GSF1200 けっこう凶暴

そのツーリングマシン然とした風貌とは裏腹に
5速巡航からでもスピドメーターが3時辺りからまるで1速のような獰猛な加速で
国内スケールは二呼吸ほどで使い切る

車体は中型車並にコンパクトで凝縮されていてホイルベースも短めなので
アクセルワークだけでフロントが離陸するし

やっぱりスズキ車 面白い
この辺りが感染者を増発する要因でもあるかと思われますが

以前、同型エンジン搭載の油冷最終型のバンディット1200も所有したけど
キャブのセッティングはもちろんカムのプロフィールも違うらしく
こちらはは全く別物の温和な性格 

今日のような日はGSFの方が良い

若い頃取り憑かれたスズキ製2ストスクエア4とよく似ている

 個人的にはやっぱり
バイクは水冷じゃない方が好みで できればキャブ車
エンジンの見えてしまうモデルならその造形にも拘りたい

油冷
f0215227_23114759.jpg

ピッチの小さい冷却フィンは純粋な空冷の物とはまた ひと味違う

以前、特攻記念館で零戦に搭載されていた栄エンジンを初めて間近で見た時
30分ほどはその場に釘づけになった
無機質なエンジンとはいうものの
オイルラインは血管のように這い回り
なにか未知の生物から取り出された臓物のようなおどろおどろしさを醸し出していて
 まさに心臓のようでもあり

バイクに積まれた内燃機もそんな面持ちの方がいい

家を出て10分くらいは
近所をほんの一周して 穏やかに帰ろうか・・・と、どっちつかずな思考回路だったけど
走り出してしまえば 小旅行ってことで
f0215227_23354715.jpg


f0215227_23255396.jpg



もう20年ちかく履き続けているワークブーツ
バイクに七割 普段履きに三割ってとこで
シフトペタル当たりのとこが年季が入ってきた
f0215227_232226100.jpg


今年はバイクと出会って30周年記念的な年(笑)

 心が不穏な時もバイクがいい

ちょうど中学高校と多感な時期に家庭に不具合が生じて
信じてきたものに疑いをもちはじめた頃にバイクに出会ってしまった

   17歳

自分の中でぐるぐる回る周囲への疑念と暮らすのは
けっこうしんどいもので・・・

爆発的な動力の上に身を委ね
憤りの燃焼を遥か後方に吹き出し
全てを失うような速度に どろどろした物を弾き飛ばした

幸いにも自分が悪い方向に流れなかったのもバイクのお陰だと
 今でも思っている

  3時間ほど

帰り道には 不思議と心穏やかになっている
f0215227_0263015.jpg


   燃費を気にせず開けた

それでも
パーシャルから20度も回せば全てが事足りる
大きく手首の角度を変えることはない

 今日は様々に贅沢な日でした
f0215227_0313388.jpg


 

   2011年   乗り納め完了
[PR]
by wadahci | 2011-12-28 22:20 | ツーリング | Comments(6)

冬支度の林道をゆく

あーあ

 今日も気が付いたら走りだしてました


こりゃ走るしかないでしょ  
f0215227_1124862.jpg

この天気で自宅でゴロゴロしてたら気持ちが腐敗します・・・

前から気になっていた場所
「大原湖セラピーロード」に行ってみます

 毎度の如く自分の中の厳しい掟
   「しっかり家事を済ませてから」
なのですでに11時

お昼はやっぱり山の中になりそうな予感

途中の道の駅
シルクウェイ日原でご飯系だけゲット
f0215227_1135465.jpg


こちらで
f0215227_11362142.jpg


210円 お寿司セット
f0215227_1137228.jpg

田舎のオバちゃんの手作りっす

 9号線を西へ下り
途中から489号線を防府方面へ南下 大原湖を目指しながら

道草

 今週はイチョウ並木の黄色い絨毯の上で一枚
f0215227_2246444.jpg



自宅を出て一時間

大原湖の管理棟へ到着
f0215227_1157522.jpg

初めて来たのでとりあえず奥まで行くと
こんな建造物がありました 
駐車場から観ると 独特のオーラが出てましたけど
f0215227_1159347.jpg

 
f0215227_12331413.jpg


 他にはだーれも居ません 平日はちと寂しい
f0215227_12385923.jpg


管理棟のオッチャンに「セラピーロード」の入口を訊ねると
どうやらココから大原湖を挟んで対岸の山肌を走っているようで

 「ずっと行けば佐波川ダムに出るよ」
 とのこと
数百メートル引き返して いざ進行!

f0215227_12504298.jpg


 時速は20km/h以下程度
時折少しばかり見えてくる落ち葉の下はコンクリート?のようですが・・・
 なにしろ路面隠ぺい率80%くらいです

すごいです・・・
奥に行くに連れ
フカフカと落ち葉が堆積していて、路面はほぼ見えません

行けども行けども 落ち葉の絨毯
f0215227_12533612.jpg


 カサカサカサカサカサ カサカサカサカサカサカサ

  「カ」が先か「サ」が先かわからんよーになるくらい  
ゆっくり回る静かなエンジン音と落ち葉を踏みしめる音だけです
 トトトトトトト
   カサ カサカサカサカサカサカサカサカサ
  
むしろセラピーでなくなるくらい(笑)落ち葉が続きます
f0215227_130399.jpg


 そうは言っても 時折 差し込むお日様をくぐりながらゆっくり走ると
   あー・・・こんなに長いこと落ち葉の上は走ったことないかも・・・
  と気分がマッタリしてきます
f0215227_1352518.jpg


とにかく長いです この道
 おまけにクルマも人も もちろんバイクも誰一人出会わないので
  心細いと思う人はやめましょう(笑)

 途中に林道の分岐があったので侵攻してみましたが
   1km行かないうちにやめました

 「誰にも出会わない」ってことは更にそこから入り込んだ林道で何かあったら
しばらく見つけてもらえない可能性大なので・・・行き先は誰にも告げてないし
   鳥葬だけは勘弁っす 

そんなこんなで
 カサカサカサカサカサカサカサ と 落葉道を走り続けて
   最後にトンネルをくぐり
f0215227_14492299.jpg

このトンネル スゲー怖かった・・・
これは出口側ですが、写真撮るっつても途中で止まる勇気が無かったっす

 距離は短いんだけど、狭いしとんでもなく暗いし途中がキツくクネってて
 曲がったとたんに何か立ってたらどうしよう 
  って感じで
  ホーン鳴らしつつアワアワなりながら・・・ 
f0215227_16504691.jpg

  で

抜けたら こんな感じの景色で・・・・
f0215227_16461221.jpg

画像では木々に隠れて見えませんが右側の山の下辺をセラピーロードが走ってます
 これで満水で紅葉真っ盛りなら絶景です

ココは国道からはかなり離れているのでなかなか来ることは無いかもですが
 大原湖管理棟側からなら 「セラピーロード」 を辿ってくれば最後に来れます。

 とりあえず目的達成で お昼は過ぎましたが
  ほとんどクルマの通らない道沿いで昼食
f0215227_16575475.jpg


こんな感じで お一人様です
f0215227_16583662.jpg


 ボヤーーーっと休憩して
f0215227_170658.jpg

場所によっては紅葉真っ盛りです

この辺りはどうやら林道の宝庫のようで
 集落から山へ向けて登っていくとこんな林道があちこちに

  これまた全然違う場所ですが
  
f0215227_1858563.jpg

   落ち葉の下はガレた岩場です

   こういう明るめな林道で少しばかり散策を楽しんで

    満足満足で帰路につきましたとさ
[PR]
by wadahci | 2010-11-25 11:29 | ツーリング | Comments(2)

ガタゴト林道


 本日は何年ぶりかに、本格的な林道走行でした

これを書き込んでいる今
すでに体は筋肉痛の嵐でガタピシいうちょります
f0215227_10484454.jpg


30歳代の連中に引っぱってもらいながら46歳 ピンクナンバーの2スト車で
 足手まといになりつつ楽しみましたw
 
f0215227_1039976.jpg


   初っ端の登りガレガレ林道で腕はパンパン・・・
  
   あれ?こんなに走れんかったっけ??自分


    と、しばし落ち込みながら・・・

 今日一番エキセントリックな走りを披露したような・・・
     ※↑直訳すると散らかった走りで収拾着かず(笑)

 いろんなタイプの林道を数本ばかり
f0215227_10384813.jpg


f0215227_21441412.jpg


 山奥深く入って行き、エンジンを止めた静寂の中
    
  時折山の神の存在を感じました

 自然に感謝しつつ お邪魔しますと唱えながら

f0215227_21552959.jpg


 とりあえず
 一度も転倒しない!を死守するのに必死の「守り」の走行で
  最低のオフローダーぶりの 一日を終えました


 玩具のようなムービーカメラでちょっとヘルメットカメラしてみました
 
[PR]
by wadahci | 2010-10-13 21:51 | ツーリング | Comments(2)

真夏な蕎麦ライダー


 猛暑、酷暑、残暑の最中・・2週連続でツーリングしました

今回の目的地は 「食べログ」蕎麦部門
山口県ランキング1位の「さぼ~る」
 というお店を目指してみました。

ランキングトップもさることながら
食べログで見るそのお店の立地やら店内の様子が自分的にかなりのツボ

これは行くしかない

 いや 行きたい!

 そう 美味しい蕎麦が食いたひ!!

 ということで、またまた真面目に家事を済ませて夏空の下へ飛び出しました
f0215227_2027135.jpg


益田を出てR315をひたすら南下です
予定では片道1時間半ほどのルートなので、時間にも余裕があります

信号も無く、道幅の広い田舎の道路なのでかなり快調に飛ばせます

Rの緩いコーナーもあちこちにあったりで楽しめます
f0215227_20391424.jpg


f0215227_20443496.jpg

峠を越えてあとは瀬戸内側へ下るばかりです
海が見えてきました
f0215227_20453762.jpg


ナビの最短ルート案内だと
益田側からR315を行けば徳山市内に入る手前で左折

ガッツリと住宅街へ入っていきます
f0215227_2131732.jpg


ほんとに辿り着くんかいな・・・
 と考え事をしてたら曲がり角をやり過ごしてしまいUターンしたり・・

こんなとんでもないチンさむロードを上ったりします
f0215227_2164866.jpg
画像だとわかりませんが
路地の交差点ごとにチョットしたジャンプポイントがあります

で、住宅街を抜けたと思ったらダート(汗)
f0215227_21104871.jpg

その後はまた山を登る細い道
f0215227_2112046.jpg


そんなこんなで ようやく辿り着きました
f0215227_21142596.jpg


食べログのレポートに
場所がなかなか分からないとか、地元の人に聞いたとかありましたが・・・

ワシはナビ無しじゃ到着でけません!!
f0215227_21314565.jpg


店構えは・・・思い切り普通に民家です
f0215227_2133135.jpg

いいですね~こういうの

この立地条件でこの店構えですから美味くないと人が来ません!って感じです

 思わず「ごめくださ~い」と言いたくなるように
普通に玄関から下駄箱前で靴を脱いで上がると
f0215227_21385787.jpg

 お盆に帰省した時の実家 って感じです
平日で時間が早いのもあって空いてますが
右奥に一間ありすでに来客してます
f0215227_214648.jpg


迷わず縁側の席に座りました
f0215227_21465097.jpg

扇風機のみでエアコンは稼動してないですが山奥ともあって
縁側の網戸から涼しいそよ風が入ります

縁側なので乗って来たバイクと対面してくつろげます
f0215227_21522378.jpg


おしながきの数ある中からシンプルに「ざる蕎麦」とおにぎりを注文

おにぎり到着
f0215227_2154171.jpg

そして蕎麦 到着
f0215227_21545938.jpg


いただきますっ!
f0215227_21565599.jpg

f0215227_21573852.jpg


当方、蕎麦ツウでもグルメツウでもありませんが
この美味さはわかります☆☆☆
つゆは裾に少しつけるだけ、あとは蕎麦の風味と香りがしっかりと味わえて
のど越しも、一本一本が口の中で鮮明にわかるコシと食感も本当に美味かったです
f0215227_8542265.jpg


量的にも適度で少ないという印象も受けませんが
この「ざる」なら3枚はイケます(笑)

ご主人が直に蕎麦湯を持ってきてくれましたが
「食べログ」のレポートどおり、たいへん謙虚な方でした

「美味しい」と噂のお店では店主が 「どや顔」をする店もありますが
こちらではご夫妻ともに腰の低い丁寧なお二人でした。

オマケで自家栽培のスイカもいただきました
ほんのり塩がかけてあり汗して来たバイク乗りにはありがたいオマケでした
f0215227_91588.jpg


お昼の営業時間は11時~14時までみたいです
夜間は要予約だそうです
f0215227_931454.jpg


ごちさまでした~
また来ま~す♪って感じでお店を後にしました
f0215227_942699.jpg


お店の前で帰路を検索すると何故か徳山のバイパスに下ろすルートで
来た道より遠回りにはなりますが、いくぶんか走りやすいルートでした。
f0215227_11423696.jpg


前回の出雲、須佐神社でデビューさせたSONYの最新ナビ
 NV-U35
徒歩や自転車モードもありかなり細い詳細な道まで検索できます
防滴で充電池も長持ちとバイクツーリングやら自転車ツーリングにはピタ~リ
「世界の亀山・・・」は見なかったことにしてください

で、別売のメモリーカードを内蔵すれば走行軌跡も取れて
同社運営のペタマップに表示してみました。
  コチラ
地図は拡大縮小、移動ができますので「さぼ~る」に興味のある方は拡大してみてください
山陽道側の平原トンネルの南辺りです

今回も往復が同じルート
f0215227_120757.jpg

気温は32℃で湿度も低めでいくぶんか爽やかなツーリングです
f0215227_1215947.jpg


今日は先週の出雲と違い、時間もタップリあるので休憩もアリなので
途中で休憩
 ちょっと寄り道で「船方農場」
f0215227_1271470.jpg


f0215227_1243630.jpg

こちらのソフトクリームは自家製乳で作っているとのことで、かなりミルク風味が濃厚です

f0215227_1262821.jpg

f0215227_1281895.jpg

f0215227_1284595.jpg


帰宅は早めの15時
  走行距離246km

今日は美味しいお蕎麦を食べるためだけのツーリングでした
[PR]
by wadahci | 2010-08-25 19:47 | ツーリング | Comments(2)

猛暑ツーリング


 連日35℃を超える猛暑の中
半ば強行的にツーリングしてみました

 前日の最高気温は37℃超えで全国ネットのニュースにも出る始末の益田市
この日も早朝から蒸し暑く、どう考えても昨日より涼しくなる気配もありませんが・・・・

 とりあえず今日のツーリングは「真夏の素敵アイテム」を携えて!
f0215227_12234923.jpg

 背負うタイプのハイドロパッグ(キャメルバッグ)を装備です
 隣の水筒は追加補給用に予備です

そこまでしてツーリングしたいんかい!!
とツッコまれそうですが
休憩時間短縮にはコレが一番です(笑)
f0215227_12261316.jpg

背面のポケットには保冷剤を入れてあります

以前、真夏の林道散策用に購入してから大活躍したので
 普通のロードバイクのツーリングにも何度か使いました。

自転車はもちろん、草刈作業とか
この時期のアウトドアには色々と使えそうです

いつもの家事を済ませて遅いスタートで、すでに真夏空
f0215227_12321933.jpg

この時点で35℃を超えていますが
上下はライディング用のメッシュ素材なので走行風さえあればさほど暑さは感じません
それなりのジャケットならメッシュ内部に銀糸が編みこんであり日射を遮ります
f0215227_12365963.jpg


むしろTシャツ短パンの方が日射を直に浴びるので皮膚の表面温度は熱くなります

今回はほとんど国道9号で益田から奥出雲まで片道151km
4輪に混ざりながら真面目に黙々と走り続けます

f0215227_1240476.jpg

途中、無料試験運用中の山陰道を走ってみたり

 タダだと思うとよけいに快適ですw
f0215227_1242197.jpg


背負ったキャメルバッグから約10分おきくらいに水分補給
中身はアイソトニック系飲料とミネラルウォーターを半々で割ったものを入れてます
これは経験による個人的な好みです

水分補給についていろいろ調べると「渇き」を感じてからの補給は疲れやすいらしく
また間隔をあけ過ぎて一度に多く飲むと吸収しきれなかった水分がトイレの元になるので
 渇かなくとも10分おきくらいに定期的がちょうどいい感じです
f0215227_12511683.jpg


 山間へ入るとトンネルは「数秒の避暑地」になります
f0215227_12525273.jpg


国道を外れ奥出雲方面へ
f0215227_12584257.jpg


炎天下ツーリング
片道ほぼ3時間ほど、なんと無休憩です!!
 ハイドロバッグの効果はありました(笑)
今回のお供もスカイウェイブ250LTD
f0215227_1334563.jpg


 なにしろ機関部からの熱を一切感じることなく走れるのは夏向きです
f0215227_13524.jpg


今日の目的地は
 「須佐神社

 あまり好きな表現では無いのですが、全国でも有数のパワースポットとのこと
 和的に表現すれば霊力のある場所とでも言うのでしょうか・・・
 某有名スピリチュアルカンセラーもブログで書いてますが。
f0215227_13355875.jpg


平日というのに駐車場は満車状態です
f0215227_13143131.jpg

 地元テレビ局もなんだかの取材に来てます

鳥居をくぐり本殿への途中に「塩ノ井」という湧き水の井戸がありますが
f0215227_13273367.jpg

説明によると日本海へ通じているそうで・・・
 飲むと少しばかり塩っぽくもあります
f0215227_1644155.jpg

f0215227_1671652.jpg


拝殿の奥に行けばかなりお力のありそうな大杉もあったりします
f0215227_1684972.jpg

f0215227_1692243.jpg


30分ほど境内を一回りして
未知なる力をつけて?須佐神社を後にしました。

そこから200mほどのお食事処で遅めの昼食です

 ゆかり館

 珍しそうなメニューを見つけて注文
f0215227_16131358.jpg

 「おこめん定食」
お米の粉で打った麺だそうで、「うどんよりかなりコシがありますよ」とのこと
f0215227_16143696.jpg

 山葵醤油のつけ汁につけて食します

ほんとにかなりコシがあって、かなーり美味しかったです♪

冷房のしっかり効いた館内で一休みして
往路と同じルートで帰路を辿ります

行きの山陰道でハジけ過ぎたのか2回の通勤も含めての燃費は28km/L
帰りは急ぐのでさらに悪化しそうですが・・・

 雲行きも芳しくなく、場所によってはポツポツきそうですが
f0215227_16232082.jpg

日射的にはこのくらいが快適ではあります

帰り道もキャメルバッグでこまめな水分補給をしながら
 休憩無しで3時間走りっぱなし!!
 少しだけ山間へルートを外して遠回り
 
 本日の炎天下走行距離317km 

17時までの帰宅限定ってことで
目的地以外は休憩無しという
 真夏の耐久的なツーリングでした(笑)











 
[PR]
by wadahci | 2010-08-18 17:15 | ツーリング | Comments(0)

あじさい寺へ


 今日は梅雨の晴れ間の良い天気

いろいろストレスも溜まってきたので
一ヶ月ちょっとぶりにツーリングします

 昔の自分なら近くの峠でガツーンと走ってストレス発散・・・でしたが
今は、マッタリ走って見たことの無い景色の場所でボンヤリ・・・コレが一番です

本日のお供は・・・いろいろあって
スカイウェイブ250Ltdです
f0215227_9311371.jpg

本来のLTD仕様はロングスクリーンですが、
この季節はヘルメットのダクトに走行風を入れたいので「タイプS」のショートスクリーンに付け替えています。
現行のモデルを買う財力は無いので
デザイン的には2世代前のモデルCJ23Aです

季節的に雨が降ってもレインウエアを着て梅雨らしい場所にでもと思い
西日本では紫陽花寺として有名な「阿弥陀寺」を目的地に企んでいましたが・・・
生憎の晴れです(笑)

シート下の収納はこんな感じで
f0215227_12221536.jpg

レインウエア類にカメラバッグ、三脚、などなど

ナビで検索すると片道100kmちょっと
f0215227_9451684.jpg

今日の行きルートはナビにお任せです

四半世紀のバイクライフ初のビッグスクーターでのツーリング
それも250だし、どんなもんなんだろ・・・
と手探りながらでしたが
 とんでもなく普通に走れます・・・ちょっと衝撃的なくらい

途中、一度だ木陰に停車して水分補給のみで走り続けます
今日は節約ツーリングを実践で冷水を水筒に入れてフロントBOXに持参です
f0215227_19233550.jpg

この場所に収納できるのもスクーターならでは

実に快適そのものです♪
 なにしろ自宅ソファーのポジションのままシフトやクラッチ操作も無く
 滑らかにスムーズに自由気ままに景色の中を走れます

意外な走りっぷりにウキウキしながら
いつの間にか目的地付近へ
f0215227_19111757.jpg


到着しました
f0215227_19121970.jpg

阿弥陀寺参門前
振り返れば喧騒の街並みが見下ろせます
f0215227_1914820.jpg


ネットでちょこちょこチェックはしていましたが
実際にきて見ると想像以上に実に風情のあるお寺です
f0215227_19571930.jpg

参門は萱葺きです
f0215227_19575063.jpg

苔むした石階段が本堂まで案内します
f0215227_204449.jpg

本堂まで上がる途中に数箇所分岐路があり寄り道しながら行くと
いろんな姿の紫陽花を見ることができます

若い頃なら想像すらできなかったツーリング
「お花を見に走る」(笑)
年を取ったものです・・・

f0215227_8352527.jpg

f0215227_836219.jpg
f0215227_8363835.jpg
f0215227_8372456.jpg

f0215227_8443893.jpg

f0215227_8374989.jpg

f0215227_8425413.jpg

f0215227_8435977.jpg

f0215227_847215.jpg


なかなか普段は揃って見ることのできない紫陽花が散歩しながら見ることができます
f0215227_8502986.jpg

f0215227_8514710.jpg

本堂へお参りして、下山することにします
f0215227_121520.jpg


f0215227_8521948.jpg


時間はちょうどお昼時で、参門のすぐ横にある
こちらで済ませることにしました
f0215227_8543564.jpg

 パッと見が「・・・・」なのでどうかなと思いながら入ると
地元のオバちゃん達が4人ほどで料理をしてました
入るなりオバちゃんが
 「おにいさんゴメンね~予約じゃないと、うどん定食しかできんけど?」
 贅沢なお昼にするつもりは無かったので丁度良いです

店内は観光で来た年配の女性ばかりで「予約」で食べれる豪華な定食を食べていましたが、
さすがに他人様のお膳を写すことはできんので画像は無いです

ほどなく「うどん定食」が来ました
f0215227_903362.jpg

値段も訊かずに注文したけど、見た目的にお値段高そうです(汗)
f0215227_915449.jpg


 も、もしや千円超えか!
そんなこんなを考えながらで、なんだか贅沢な見た目とお味でしたので
構えながらお会計に行くと600円でした(笑)
 お安くてけっこうです

食事後は木陰に座り込み帰路ルートを検索
f0215227_1275627.jpg


なるべく国道から離れて山間のルートで帰ることにすると・・・
「例のお店」の地名が途中に出てきます
迷わずマークして「例のお店」経由で帰ることに決定

阿弥陀寺を出発してわずか20分

また来てしまいました♪
f0215227_91139.jpg

  迷わず行けよ行けばわかるさ ダーッ!!
f0215227_9114640.jpg

あさむらいちご園

たまには違うソフトを
f0215227_9131186.jpg


食べはじめてすぐに「今日はもう一個イケるかも!」
なにしろ今だ未体験のソフトが数種類あるし
滅多に来れないので欲が出ますが・・・
結果的には一個食べ終わる頃にはすっかり満足して終了
とにかく濃密なソフトクリームなのに後味サッパリで
僕みたいなリピーターは多そうです

ココからは信号の無い山間の新緑の中
ワインディングを楽しみながらのハイペース
f0215227_12123995.jpg


「スクーターとかコーナーは楽しめないじゃろ・・・」
  そんな想いは初夏の風に吹き飛びました(笑)

リッターバイクに混ざって高速道路多用のツーリングには厳しいかもですが
今日みたいなツーリングならめちゃくちゃ楽しめます♪

 本日の走行距離 234km
 使用した燃料  7,2リットル
 ※同じガソリンスタンドで同じ位置での満タン計測法です
   燃費にして32,5km/L
往復ともに山間部はかなりのハイペースだったので燃費が心配でしたが
これなら燃費のストレスも無く遠出できそうです

 ネットで同型オーナーの記録を見るとクルマの流れに沿えば
 36~38km/Lまでいけるそうです
デジブックしておきました


阿弥陀寺ホームページ

さてと・・お次は何処へ
[PR]
by wadahci | 2010-07-08 09:53 | ツーリング | Comments(0)