『おい!おまえ輝いているじゃないか?青春ウレタンクリアー編』 

前回の塗装に続き、今回も長いくだらないタイトルでスタートの
いよいよ上塗りクリヤーとなります

こちらも市販のウレタンクリアーです
f0215227_844179.jpg


前回塗装のブルーも1週間置くと落ち着いて艶も引いてきます
f0215227_847279.jpg


仕上げのクリアー塗装は
なるべくならウレタン系を使用するのが賢明です。
塗膜の厚さもさることながらガソリンや油脂類にも侵され難いので
ラッカー系クリアに比べるとチェーンオイルなどの潤滑オイルにも強いです。

ラッカーやアクリル系と違って少々扱いが異なりますが
f0215227_8583863.jpg

しっかりフリフリして混ぜ混ぜしましょ

んまあクリアー塗装したところで
前回の仕上がり画像と区別もつきにくいですが・・・
f0215227_904045.jpg


2枚3枚と重ねる間に
外ではちょっとバイクのメンテナンス
f0215227_925793.jpg


とりあえずブログ的には変わり映えのしない画像で
クリアー塗装完了
f0215227_953491.jpg


ここからは当分の間はフレームに手を着けることは無く
自然乾燥でひたすら完全硬化するのを待ちます。

 その間に外して放置してあるパーツ類をシコシコ磨くことにしましょう
  かれこれ30年以は経った部品類ですから
  輝きも無く アルミ地肌も腐食でブツブツと
  施工前f0215227_946202.jpg ベルなんか骨董品の茶釜のような風合いです


磨き系の道具を千円ほどでちょこっと揃えて
f0215227_9105688.jpg

右端の「青棒」っていうやつでグイングイン磨いていきます

コンパウンドやピカールでもイイですけど液体なので
回転工具に使う時は青棒の方が飛び散りも少なく使い易く早いです。


グイーン

 グイーン

しつこく

しつこく

 磨いていくとこうなります(一旦ベルは外して磨いてます)
施工後
f0215227_9201388.jpg

カメラも周りも全て映り込んでしまってますが

骨董品の茶釜もこんな感じにリニューアル
f0215227_9223769.jpg

擦り過ぎたら字消えるよー
f0215227_9231869.jpg

古いクロモリ自転車が好きな理由のひとつに、このステムの造形もあります

水平線と重なるようなホリゾンタルのトップチューブと
このアルミ製品のくびれとかの造形がいいんです。

結局、頭ん中の乗りたい自転車のイメージって
こんなところから脱してない古い人間なんでしょね・・・自分は。

 自分が自転車で走る時と同じく
  全てがゆっくりボチボチと進むレストアです。
[PR]
by wadahci | 2012-01-21 09:03 | 自転車再生 | Comments(2)
Commented by yoshi at 2012-01-21 11:12 x
着々と進んでますね!
続きが楽しみです、アルミパーツの腐食に関しては何かいい手がないかといつも思いますよ。
細かい部分のクリーニングがムツカシいんですよね。
Commented by wadahci at 2012-01-21 12:39
いつもコメントありがとうございます。
ゆっくりした歩みですが前進してます♪

アルミパーツは今回みたくアルマイトを落としてバフがけしたら
後々の表面の管理がたいへんにはなるんですけど
液体系のワックスやお高めな潤滑剤を塗布して磨きこんでおくと
ある程度腐食は防げる感じです。

艶が無くなってヤバくなってきたらピカールで再度磨きこみ・・
ってとこです。
<< MTB+裏山ランチ ワンバーナー独り飯@新メニュー編 >>