ととろの里??

またまた

小耳に挟んだ情報が耳から外れなくなったので行って参りました

 それはそれは山奥でした((゚Д゚;)

普通のナビもスマホのナビも到着2kmくらい手前から道の表示が無くなるしw

とりあえず看板を頼りにしてましたが
 ほんとにこの先に飯屋があるんか??ってアクセスです
f0215227_18341313.jpg


アクセスがアレな割には平日にも関わらず来客が多い・・・
 家族連れ、熟年夫婦、お忍びの訳ありのお二人・・・のような男女w
入口からの店内はお忍びにはピターリな風情で
f0215227_18385021.jpg

席に着く眼には優しい緑の景色
f0215227_1840923.jpg


当たり前のように 手打ち蕎麦をたのみました(安いほうなのでw)
f0215227_18423238.jpg

山葵を自分でおろしてお蕎麦にまぶして食しますが、これが美味い
足りないといけないので 黒いなり寿司を
f0215227_18431739.jpg


手打ち蕎麦も黒いなりも とてもとても上品で美味!!
  蕎麦は香るし歯ごたえも良し、黒いなりの揚げはジューシーで濃厚、酢飯も美味し!

元々の本館は「楊貴館」というホテルで、それの別荘みたいですから
  味はお墨付き、接客や内装もそれらしく上品でクオリティ高しです

ベランダでもお食事可能で
お庭も散歩できます
f0215227_18491631.jpg


離れにギャラリーがあったりと
f0215227_2017535.jpg

f0215227_20181987.jpg


  とうとう見つけましたよ

 名前の本当の由来はわかりませんが
   こんなところに
f0215227_2026650.jpg


空は限りなく厚い雲ですが
f0215227_20282322.jpg

無事、お昼ご飯を達成したので

あとは温泉へ

好みの風情の街並みを抜けて
f0215227_20331397.jpg


こじんまりとした温泉街へ
f0215227_20404315.jpg


タオル、石鹸など持参なら200円の格安温泉
f0215227_20422619.jpg


湯船は深く、湯加減はかなり好みの低めの源泉かけ流しで
 時間さえ許せばいくらでも長湯できる素敵な温泉
f0215227_20454128.jpg

これは必ずまた来ます!
 
今回入ったのが恩湯(おんとう)で、この上に礼湯(れいとう)があるそうです
f0215227_20474270.jpg


f0215227_2051456.jpg


 往復237kmのプチツーリングでしたが、今日も収穫が多かったな~
美味い蕎麦に出会い、素敵な温泉に浸かり・・・癒されるツーリングでした
f0215227_20571257.jpg

   燃費34km/L  こちらも相変わらずの健全ぶり
[PR]
# by wadahci | 2015-06-07 10:34 | NC700X | Comments(2)

田舎の人気店へ

 ネットで知り合った方からの情報で
  なにやら山口の徳地の奥に美味しい人気店があるとの話しで

早速、ひとっ走り行ってきました

 下調べで「ぐるナビ」情報が引っかかってきたんですが
  土日祝だとかなり混雑で行列だとか・・・

ま、ワシは火曜日の定休で走るので問題ないですけどねw
   ※ちなみに水曜日が定休のお店です

普通に民家ですw
f0215227_173267.jpg


めっさ山ん中です

f0215227_1734127.jpg


自分的にはロケーションは最強の部類です
f0215227_1744015.jpg


近づいてもただの民家です(笑)
f0215227_1751458.jpg


11時半に到着しましたが満席の順番待ちで10分ほど待ったかな
f0215227_1771215.jpg

混みあうと相席にもなるみたいですが、おひとり様なのでカウンターの並びに着座

 噂だとステーキセットが最強らしいですが・・・2000円はキツいので
ラーメンにAセットをプラス
f0215227_179102.jpg

外の張り出しのテントが赤なので画像がどうしても赤っぽいですが

流石の人気店ですね
  こんな山ん中で、これほどまでに上品な味わいは
初体験です
   新鮮野菜の味つけも初めてだし ラーメンも薄味の醤油ベースですが
   素敵な美味しさ  Aセット内の唐揚げは絶品です!!
 途中の看板だと唐揚げがかなりのおススメみたいで
   次回は迷わず唐揚げセット・・・もしくは
   清水の舞台から飛び降りて複雑骨折してステーキセットか!

向かい合うカウンター越しにオッサンが食べてたステーキが頭から離れんしw

噂どおり、非常に満足したろころで 「民家」の軒下でお昼休み
f0215227_17155477.jpg


駐車場は見渡せるところに3ヶ所ありましたが 最寄りは常に満車
f0215227_1718977.jpg


メッシュにインナーでしたが暑さに堪らず インナー外して夏仕様
f0215227_17191539.jpg


 地図で見るとここからは いつものソフトクリームスポットが10km先!
  いくしかないですよね やはり

f0215227_17214127.jpg


はい、ダブルベリー仕様ですw
f0215227_17221392.jpg


行きも帰りも同じルートでしたが 交通量の少ない田舎道&ワインディングで
  快走に快走
f0215227_1724289.jpg


f0215227_17251679.jpg



やっぱり ・・・暑いはずです・・の32℃ 
f0215227_17281468.jpg


  ちょい休憩を入れて のんびりプチツーリングのちょうど200km

f0215227_17285381.jpg


本日の燃費は36km/Ⅼ!!
 やはり安定して低燃費を叩き出す秀逸なエンジンですね~
[PR]
# by wadahci | 2015-05-23 10:54 | NC700X | Comments(0)

サクライダー ソロツー

若干フライング気味は承知の上で
 お花見の聖地 錦帯橋へ行ってみました

バイクでこの時期来るのは実に5年ぶりくらいかなぁ

って、平日だというのにまさかの渋滞にかかりまして
満開の見頃までには少々早めなのに
f0215227_15143875.jpg


やはりこの時期は稼ぎ時なんですかね
f0215227_15172618.jpg


風邪ひきさんからの治りかけな感じで
 万全な体調ではなかったんですけど
NC700Xだと非常に楽ちんなので♪ついつい強行しましたが
 やはり「連れて行ってもらえる」感半端ないエンジンフィーリングは最高であります!

無事到着で
f0215227_15252381.jpg


遅めな出発で丁度お昼時
 うろうろして昼飯渋滞にかかるのも難儀なので
   河川敷駐車場上がってすぐのお店で簡単に
f0215227_15274717.jpg


こういうお店は好物ですw
f0215227_15282890.jpg


これまた好物の岩国寿司とうどんにて昼食
f0215227_15311030.jpg


食べながらお店のオバちゃんと話しましたが
どうやら今日の賑わいや渋滞は駆け込み需要とのこと

なにしろ昨日まで雨続きで今が七分咲き
   そして向う一週間は雨予報・・・・で
皆さん今日しかない!ってことだったんでしょね

 オバちゃんも
「平日にこんなに混むことは滅多無いですよ」って
f0215227_15351963.jpg

 お食事処はやっぱりこういうベテランさんのお店が良いですね

肝心の桜の開花は木によっては七分~八分ってとこでしょうか
f0215227_15391595.jpg

まだ蕾の色も目立ちますね
f0215227_1541749.jpg


満開には早かったですが
  久しぶりの桜の季節の錦帯橋に満足
f0215227_15501923.jpg


f0215227_155413.jpg


本日のツーリングは往復で200kmちょい

 NC700Xはこれまでの最高記録の38km/Lの燃費を記録しました♪







[PR]
# by wadahci | 2015-03-31 12:09 | NC700X | Comments(0)

萩までチョイと

本日は走れる時間が少ないので
チョイと近場の萩まで

Jさんと久々に大きい方で
のんびりと行きました

椿が見頃かと思い
笠山の椿祭りの会場を目的地に

ちょうどお昼なので
先ずは腹ごしらえ
f0215227_1434271.jpg


平日なので当然ながらアクセス道も閑散としてますが
それが逆にのんびりしてて良いですね
f0215227_1434534.jpg

オッサン二人はガッツリ食べずに
ツマミのようなメニューでお昼ご飯
f0215227_14362633.jpg

f0215227_14352493.jpg

ノンアルコール片手に乾杯であります
f0215227_14353911.jpg

今日はたまたまた私の誕生日ってことで
いか焼きを一本頂きました(笑)
f0215227_14355987.jpg


せっかく来たので
ここから10分ほど走って
f0215227_14425444.jpg


椿の原生林へ
f0215227_14443788.jpg


満開の見頃は少し過ぎてましたが
まだまだ蕾もあったりで、木によって違うみたいですね
f0215227_14472165.jpg


f0215227_14462317.jpg

f0215227_14493692.jpg


f0215227_14501549.jpg


春のはじまりの柔らかい陽光で
f0215227_14512694.jpg

野良猫君もまったり
f0215227_14552827.jpg

近場で「雑談メイン」なツーリングもまたヨロシイ
f0215227_1454216.jpg


動画はこちら↴



[PR]
# by wadahci | 2015-03-24 12:12 | NC700X | Comments(0)

有福温泉へ NC700Xとは

ちょうど半日 時間に余裕ができたので

少しばかり気になっていた場所へ 行ってみることに

お昼前に全ての用事が済んで
 そのまま走り出したので 目的地に辿り着く前にお腹が空いてきた・・・

家から30分  普段なら道中で通り過ぎる場所だけど
10年以上前にランチをしに来た店に寄ってみた

f0215227_8385523.jpg

店構えも店内も落ち着いていて

 日替わり定食も 全て手作りの家庭の味  好きです
f0215227_8413310.jpg


半日のツーリングだけど 目的地は遠くはないので急ぐこともなく
  ゆっくり昼食


距離にして片道70km  1時間半

  有福温泉へ
f0215227_8504831.jpg


こじんまりして 密集してます

大型観光バスが2台乗りつけたら それだけで満員御礼になりそうな
f0215227_9265559.jpg


さすがに平日 まったりしてます
f0215227_8563160.jpg


旧い建物が乱立していて
一番高い場所にある温泉を目指して行くと
少しばかり重力を軽減したようなパラレルワールド的で面白い
f0215227_9131040.jpg

f0215227_9154163.jpg


f0215227_916332.jpg

今日の目的 温泉に浸かってゆっくりする

冬場のバイク乗りの装備は上着だけで籠いっぱいになります
f0215227_918464.jpg


外を歩いているぶんには閑散として見えたけど 浴場は満員御礼(笑)
 熱すぎない湯温で少しぬるぬるとした感触 長湯はできるタイプです

f0215227_9293388.jpg

2階にあがり 畳の間で ひっくり返って休憩

身体もぽかぽか   眠くなりそうです
f0215227_93089.jpg

f0215227_9312627.jpg


1時間のんびりして 帰ることにしました。
f0215227_934485.jpg


本日の走行距離と燃料消費量
f0215227_9592664.jpg

今回は全て下道で遠慮しないペース
  またも33km/Lを超えてきました。
    毎回同じガソリンスタンドの同じ場所なので さほど測定誤差は無いかと思います。

メインのバイクをNC700Xにしてから 遠慮なく遠出をしてしまってる自分がいます
 大型バイクっていう仕切りで言えば「超」がつく低燃費

発売当初の自分の勝手なイメージは「コストダウンしただけの走らない大型バイク」
でしたが、友人がNC700Sに買い換えた時に 数キロほど試乗させてもらった時のこと
  その走行フィーリングに
 「あれ?これって今の自分にピッタリなバイクなんじゃない??」
と沸々とした乗り換え願望が・・・

で、今に至ります(笑)

ネットの情報では回らないエンジンでバイクらしくない・・・等々 ネガな情報が散らばってますが

実のところは4000rpmほどで
田舎のワインディングを流せば
思いの外速く走れます


結局はバイクは「自分に合うか合わないか」だけです。
  確かに、もう10年ほど前の自分なら これだけハマる事も無かったでしょう

例えばレプリカ系大型バイクなら そこここの道路でも
 レッド手前までブン回せば「非日常」的な感覚が楽しめます

でも

今の自分には普段使いや長距離ツーリングで疲れないことがバイク選びの大々前提です

 必要にして充分なトルクがスロットルの奥に控えていて いつでも持ち出すことができ
意外にも高速道路巡航も常にトルクフルに静かに巡航できます。
 それと同時に長いツーリングの道中、 渋滞から高速までどのシーンでも「飽きない」エンジンです

決して偶然出来上がったエンジンではなく、開発者が綿密に計算または試行錯誤し
 造り上げた 飽きないエンジンです。
実は自分は  【飽きない=疲れない】 でもあります

1980年代~90年代にバイク全盛期に各メーカーがこぞって「速さ」を求める
 革新的な技術でユーザーの購買意欲を満たしてきました

メーカーの技術者や開発者は僕らユーザーが思い描くバイクの一歩先を
 具現化して製品にすることができなければならない

そういう意味では このエンジンの特性と700という排気量から思いつく燃費としては
     実に「一歩先」だと思います。
 
 大容量のラゲッジスペースと共に低重心のシャシのレイアウトも扱い易さや
   ツーリングでの使い勝手に貢献しています。

丹念にバフ仕上げされたアルミパーツも無ければ
綺麗な色使いのデカールさえ無く
正直
工業製品としての色気みたいなものはありません。

走ってなんぼ
使ってなんぼ
「物は考えよう」みたいなバイクです(笑)


 私の購入したこのNC700Xは自分が着けたいパーツが3点偶然にも着いていた
   極上の低走行距離のワンオーナーでした。

変な話 もしNC700系を購入して 「自分には合わない・・・」と思えば
   程度の良いうちに下取りに出して「未来の信者」に回してあげてください(笑)

そして、このコンセプトが後継されれば
嬉しい限り!です。

f0215227_1045920.jpg


   燃費が良いのでツーリングの経費節減になりそう・・・
    と思っていましたが、その分出撃回数が増えてしまって同じこと(笑)
        と嬉しい誤算です




[PR]
# by wadahci | 2015-03-03 08:39 | NC700X | Comments(2)